Tuesday, February 26, 2013

雛井籠 と あこや

「井籠(せいろう)」とは、菓子をお届けする際に使うお通箱(かよいばこ)のことです。
「外居(ほかい)」「行器(ぎょうき)」などの呼び方もあります。

  












 
                                                                                               Photo by Todoroki Chikao

上の画像は、安永5年(1776)に20組つくられた「雛井籠」です。
5段組で110×133×183㎜の小さな重箱で、雛菓子をお届けするのに使われていました。

 
現在おつくりしている『雛井籠』は、安永5年のものを模した紙箱に小さな菓子を
お詰めしています。
紙製の化粧箱ですが、井籠と同様にお好きな段数を重ねることができます。















そして、京都ならではの雛菓子が『あこや』です。


あこや貝が真珠を抱いているように見える
ことから、この名がついたようです。
また、上の部分がちぎったように見えるので、
「ひちぎり(引千切)」とも呼ばれます。




雛井籠に入った「あこや」は指の先に乗るほどの小ささです。
白・紅・緑の3色の華やかな色あいはとても可愛らしく、雛まつりにぴったりではないでしょうか。
『あこや』は、京都地区の5店舗だけの限定販売です。
数に限りがありますので、ご予約がおすすめです。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『雛井籠』
   販売期間:2013年2月25日(月)~3月3日(日)
   価格:1段 1,418円(税込)
            2段 2,678円(税込)
            3段 3,938円(税込)
            4段 5,198円(税込)
            5段 6,458円(税込)
           *薯蕷製『笑顔饅』9個入、「三種詰合せ」9個入(煉切製『仙寿』・求肥製『桃の里』・
            道明寺製『雛てまり』各3個)、和三盆糖製『脹雀』18個入からお選びいただけます。
           *京都地区では羊羹製『あこや』9個入もおつくりしています。
              ※『笑顔饅』…「山芋」を含む  『桃の里』…「卵」を含む  『あこや』…「小麦」を含む
   販売店:赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店・日本橋店・帝国ホテル店・新宿伊勢丹・
               玉川髙島屋S・C ・アトレ目黒1・横浜そごう・TORAYA TOKYO・銀座松屋・
               銀座三越・松坂屋銀座店・日本橋三越・日本橋髙島屋・大丸東京店・松坂屋上野店・
               浅草松屋・池袋東武・池袋西武・新宿小田急本館・新宿京王・新宿髙島屋・
               アトレ吉祥寺・渋谷東急東横・渋谷東急本店・たまプラーザ東急・横浜髙島屋・
               京都一条店・京都四条店・京都髙島屋・大丸京都店・ジェイアール京都伊勢丹・
               松坂屋名古屋店・名古屋名鉄・名古屋三越・名古屋髙島屋・梅田阪急・梅田阪神・
               大丸心斎橋店・難波髙島屋・阿倍野近鉄・神戸そごう
※売り切れの際はご容赦ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.