Wednesday, December 19, 2012

『柚子ごよみ』


冬至は二十四節気のひとつで、1年で最も昼の時間が短い日です。
今年は12月21日がその日にあたります。































冬至に柚子湯に入ることは広く知られていますが、なぜ冬至の行事に柚子が欠かせない
ものとなったのでしょうか・・・
「桃栗3年、柿8年、柚子は9年でなりさがる」といわれるように、柚子は実がなるまでに
長い年月がかかります。
このことから、柚子は、長期間風雪に耐えやがて成功する象徴として尊重されてきました。
また黄色は、陰陽道で五行思想の根本をなす色であり、邪を祓い疫を防ぐものとされて
いることから、黄色の柚子をこれに重ねているともいわれています。
これらの謂れから、1年の煩悩を洗い流し寒い冬を健康に乗り切るために、冬至の行事
には柚子が欠かせないものとなったようです。


『柚子ごよみ』は、柚子の果汁と蜜漬けの皮を使い、とらや伝統の羊羹の製法を活かして
おつくりしたお菓子です。
柚子に込められた願いを想いながら、ぜひ『柚子ごよみ』をお召し上がりください。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『柚子ごよみ』
   販売期間:11月下旬~1月下旬
   賞味期限:製造から75日
   販売店:全店・オンラインショップ
   価格:1個336円(税込)
            6個入2,226円  9個入3,339円  12個入4,452円
            ※小形羊羹との詰合せ(下左 4,158円)や干支羊羹との詰合せ(下右5,460円)もご用意しています。










--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.