Friday, December 21, 2012

とらや東京ミッドタウン店|第27回企画展 とらやの筆「古郡達郎の書」


   古郡先生の書は、そのお人柄のようにとても実直、誠実です。
   そしてそのなかに湧き上がってくる強い野生のようなものを感じます。
   和菓子は、元をただせば大地の恵み。
   先生の書の美しさとその生命感は、まさにとらやの菓子を体現していると思います。

                                     とらや クリエイティブディレクター葛西薫



『夜の梅』『おもかげ』『新緑』 ・・・   とらやの商品パッケージに記された菓銘は、
そのほとんどが筆で書かれています。
これらすべてを揮毫(筆で書画をかくこと)しているのは、ひとりの書家 古郡達郎氏です。
本展では、現在の「とらやの筆」といえる、古郡達郎氏の書の世界をご紹介します。





これまでに書かれたとらやの菓銘・篆刻(てんこく)とその製作工程や、書体や筆を変え
書かれた48種の「和」の文字など、幅広く展示いたしました。
※篆刻:木・石・金などに印をほること。その文字に多く篆書(てんしょ)を用いるからいう。(広辞苑より)
ぜひ、とらや東京ミッドタウン店にお運びいただき、古郡達郎氏の書の魅力を体感してください。

             古郡達郎(ふるごおりたつろう)
                1939年 京都市烏丸生まれ。
                書家。保多孝三に師事。1959年より書道をはじめる。全日本書道教育協会理事、毎日書道展会員、
                日本書道美術院審査員を経て、現在は朝日カルチャーセンター千葉講師に従事する。
                揮毫に「花の百名山」(NHKエンタープライズ21)の題字・山の名・花の名・ナレーション名、
                「万葉かるた」(万葉かるた振興会)の札文字など。
                日展入選4回 個展1回(大黒屋ギャラリー)


『特製干菓子 松竹梅』

 松・竹・梅をかたどった干菓子に、干菓子の意匠にあわせて
 古郡達郎氏が揮毫した菓銘配した企画展限定商品です。
 価格:1,470円(税込)








------------------------------------------------------------------------------
第27回企画展 とらやの書「古郡達郎の書」
   期間:2012年12月19日(水)~2013年3月18日(月)
   会場:とらや東京ミッドタウン店(店舗併設ギャラリー)
   東京都港区赤坂9‐7‐4
   時間:11:00~21:00
------------------------------------------------------------------------------


とらや東京ミッドタウン店
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.