Saturday, November 03, 2012

第75回 虎屋文庫資料展 のご案内

2012年11月1日(木)より、第75回 虎屋文庫資料展〝お宝満載! 吉田コレクション「蘇る 江戸~明治の和菓子の世界」展〟がスタートしました。
11月30日(金)まで開催される本展は、和菓子研究家吉田隆一氏が所蔵する約3,000点の菓子資料から、錦絵・製菓道具・版本などを展示いたします。
詳しいご案内は、とらやホームページ をご覧いただくこととして、今日のブログでは現代の広告や商品パッケージにつながる資料をご紹介します。




■  引札(カステイラ長崎直傳 萬屋五峯製)

















現代の広告チラシにあたる、カステラの引札(ひきふだ)です。
「大根おろしや山葵との取り合わせを薦める」「旅行に携帯して水の代わりにする」
「二日酔いに効く」などの宣伝文句が書かれています。







■  切手(羊羹)大黒屋正信



 
















「切手」といっても、郵便に使うものではなく、現在の商品券にあたるものです。
饅頭や羊羹など、記載商品と引き換えことができました。




■  団扇絵引札(新装開店ご案内川越屋庄司)

 

幕末頃の、団扇(うちわ)の絵の部分です。
現代と同様に、団扇に宣伝文句を書いたものを配布し、呼び込みなどに使っていたようです。
当時の光景を思い浮かべると、とても興味深く感じられます。
菓子の名前の部分にご注目ください。
「かしハもち」(柏餅)には柏の葉が、「まつの雪」には松の挿絵がそえられています。
現代の、商品写真付の団扇ということでしょうか。



■  菓子袋(御菓子御殿山ノ花東都名所雪月花の内)




















最後は、商品のパッケージ、いわゆる菓子袋です。
菓子名や店名以外に、錦絵が刷られることも多かったようです。
この袋には、江戸近郊の桜の名所である品川御殿山からの眺めが描かれています。



会場となる虎屋ギャラリーには、菓子関連の製造道具・版本・写本など約120点、再現菓子など約60点を展示しています。
皆さま、この機会にぜひ虎屋ギャラリーにお運びください。

また、図録『蒐(あつ)める楽しみ 吉田コレクションに見る和菓子の世界』(定価1,600円)には、今回展示することができない品々も掲載されていますので、ご自宅で幅広いコレクションをお楽しみください。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
第75回虎屋文庫資料展 お宝満載!吉田コレクション「蘇る 江戸~明治の和菓子の世界」展
   会期:2012年11月1日(木)~11月30日(金)
   時間:10:00~17:30
   場所:東京都港区赤坂4-9-22 虎屋ギャラリー(虎屋ビル2階)
   入場無料・会期中無休
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 


<講演会のご案内>
※11/7(水)をもって、応募は締め切りとさせていただきました。
  多くのご応募ありがとうございました。

講演会1  「蒐める喜び 資料から和菓子の歴史を探る」
   講演:吉田隆一氏(和菓子研究家)
 日時:11月18日(日)14:00~15:30
   場所:虎屋ビル 4階ホール
講演会2  「菓子袋・菓子箱と商標」
   講演:浅野秀剛氏(大和文華館館長)
 日時:11月25日(日)14:00~15:30
   場所:虎屋ビル 4階ホール

※応募方法ご希望の講演名・日にち・参加希望人数(2名様まで)・代表者の住所・氏名・電話番号を明記の上、往復はがきで下記虎屋文庫まで、お申し込みください。
  *はがき一枚につき1講演有効
  *11月7日(水)必着
  *応募多数の場合は抽選とさせていただきます
  

また、展示期間中の毎週月曜日・11月10日(土)・11月14日(水)には、10:30より会場での展示解説も開催しています。
予約は不要ですのでぜひご参加ください。



虎屋文庫
電話:03-3408-2402
E-MAIL:bunko@toraya-group.co.jp
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.