Monday, October 15, 2012

TORAYA TOKYO の煉瓦

煉瓦に囲まれた、TORAYA TOKYO の客席の一角をご覧ください。
この1枚の写真から、煉瓦のいくつもの表情が感じられるのではないでしょうか。

































大正3年(1914)の創建から98年。
TORAYA TOKYO の店内に、大正・昭和・平成それぞれの時代を感じることができます。


先ずは〝木煉瓦(もくれんが)〟のクローズアップをご覧ください。

中央やや下の木煉瓦は、表面が削られた
ため創建当時の木の材料を見ることが
できます。
その左右の黒い木煉瓦は、昭和20年(1945)
の空襲で焼け炭化したものです。
木煉瓦は、木製の煉瓦型のブロックで、
内装を取り付ける際の補助材として釘打ちが
できるように埋め込まれたようです。
※別に、煉瓦積の際にサイズ調整を目的に
使われたとも言われています。


創建時の〝煉瓦積鉄骨造り〟という
工法を見ることができる一角です。
98年の歴史の中で、何かを埋め込む
ために壁が削られ、煉瓦に隠れていた
鉄骨が剥き出しになっています。
水平と斜めの鉄骨とボルトを、間際から
眺めることができます。




























大正3年と現代が共存する空間。
夜の TORAYA TOKYO には、どこかノスタルジーを感じることができます。




------------------------------------------------------------------------------------------
TORAYA TOKYO
   所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル2 階
               ※JR「東京」駅 丸の内南口直結
   電話:03-5220-2345  ※10/3(水)より開通
   営業時間:10:00~21:00(平日・土曜) 10:00~20:00(日曜・祝日)
                   ※祝前日は21:00 まで。
                   ※喫茶オーダーストップは閉店の30分前です。
   年中無休
------------------------------------------------------------------------------------------

ご意見お待ちしています
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.