Friday, October 12, 2012

とらやの『栗鹿の子』

一面の栗。

おいしそうな、とらや御用場の秋景色です。
今日のブログは、栗をまとった生菓子『栗鹿の子(くりかのこ)』をご紹介します。


先ずご覧いただくのは、肝心要の蜜栗です。





今年採れた新栗を蜜漬けするのですが、
このとき、一度漬けた栗を蜜から取り出して、
蜜だけを釜で煮詰め、糖度を上げます。
そして再び栗を戻し漬け込むことで、私たちが
求める甘さ硬さの蜜栗ができあがります。






続いて、ゆっくりと甘さをふくませた栗をナイフで半分に割りますが、
芽(先端にある黒い点)は丁寧に取り除きます。



かたちを整えた栗を、餡玉につけていきます。
餡は貴重な白小豆と砂糖のみでつくられた白餡です。











『栗鹿の子』に使用している栗は6枚。
頭に1枚、側面四方に4枚、きちんと底にも1枚です。










仕上げに「天蜜」(寒天と砂糖を煮溶かしたもの)を塗って完成です。











〝つやつや〟の『栗鹿の子』(右手前)ができました。
天蜜を塗る前のものと比べてみると、きらめきが違います。
ダイヤモンドの原石が磨かれて光を放っているかのようです。














『栗鹿の子』は、餡玉に蜜栗をつけただけのシンプルなお菓子です。
シンプルなお菓子であるからこそ、一つ一つの素材や工程を大切にしています。
今年の『栗鹿の子』は10月31日まで。
ぜひともご賞味ください。

--------------------------------------------------------------------
『栗鹿の子』
   価格:1個525円(税込)
   販売期間::2012年9月8日(土)~10月31日(水)
   販売店:生菓子取扱店
                    ※数に限りがございます。
                        お求めの際にはご予約をお勧めします。
--------------------------------------------------------------------

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.