Wednesday, August 22, 2012

菓子づくりの道具|小田巻

夏の思い出を切り取ったような、かわいらしいお菓子をご覧ください。
















とらやの菓子とは、違った印象を受けた方が多いのではないでしょうか。
こちらは、お客様だけの特別なお菓子をおつくりするオートクチュール菓子で、
浮き輪をかたどった煉切・波を表わした薄青の餡・燦々と輝く太陽をイメージした
黄色の餡が特徴的です。

さて、今日のブログは、虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTUREから、波の表現に用いた
菓子作りの道具「小田巻(おだまき)」をご紹介します。



この写真の道具が「小田巻」です。
「おだまき」とは本来、つむいだ麻糸を巻いて
玉にしたものの名前です。
「小田巻」は、「おだまき」から転じて道具の名前
になったのだろうと考えられています。

餡や煉切などを細い麺状(糸状)に加工する
時に使います。




「小田巻」を使って、今回はさざなみが立つ海を
表しました。
※海に浮かぶ「浮き輪」と浜辺の「カニ」の2種類をおつくりしました。






虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTUREでは、お客様の想いやお使い道などの
ご要望を最大限に汲み取り、素材からかたち・色・菓銘にいたるまで、
お客様とご一緒に考え、「その方だけの和菓子」をおつくりしています。
ぜひ、お客様だけの特別なお菓子を、私たち虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTURE
へご相談ください。




虎屋 WAGASHI・HAUTE COUTUREは、お客様だけの特別な和菓子をご用意しています。
(同一のものはおつくりできませんので、ご注意ください。)

※ご注文の流れについては、とらやホームページをご覧ください。

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.