Wednesday, July 11, 2012

とらやの『水羊羹』

夏を代表する和菓子といえば、大半の方が『水羊羹』を上げるのではないでしょうか。
今日は、とらやの『水羊羹』の〝今〟と〝昔〟をご紹介します。
































上の画像は、平成21年(2009)に新装された〝今〟の『水羊羹』です。
これに対して、下の2つの画像が〝昔〟の『水羊羹』です。


とらやが保存容器入の『水羊羹』を発売したのは、
ちょうど50年前の今日にあたる昭和37年7月11日です。
初めにご覧いただいた〝今〟と比較すると、いたって
控えめなパッケージです。

「和三盆糖」「黒砂糖」「抹茶」の3種類の味で、価格は
ひとつ40円です。
当時の記録を確認すると、“昭和三十七年七月十一日
午後 新発売”と書かれています。

 

発売当時のタクシー初乗りが100円、ビール大瓶が115円と考えると、
50年でタクシーは約7倍、ビールは約5倍になりました。
対するとらやの『水羊羹』は、発売当時より小さくなったことを考え合わせると
約6倍の価格です。

発売から6年後の、昭和43年(1968)の水羊羹(下の画像)をご覧ください。
この頃には、「和三盆糖」「黒砂糖」「抹茶」に加えて、「珈琲」「空の旅(白小豆)」
をあわせた5種類で販売されていました。
その後も、「杏子」「ピーナッツ」「挽茶」「小倉」が開発され、その度に味が見直され、
常に4~5種類の味が詰めあわされています。



寒天に焦点を当てた昨年のブログ〝水羊羹と寒天〟もぜひご覧ください。

---------------------------------------------------------------
『水羊羹』
   価格:315円(税込)
   重量:NET70g(総重量73g)
   販売期間:4月下旬~9月上旬
   販売店:全店・オンラインショップ
---------------------------------------------------------------

ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.