Wednesday, June 27, 2012

フェルメールを感じる、特製羊羹

6月30日、東京・上野の東京都美術館にて「マウリッツハイス美術館展」が開幕します。
一番の注目はフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。
誰もが知っている少女に出会える、貴重な展覧会です。








ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
1665年頃 マウリッツハイス美術館蔵


さて、この「マウリッツハイス美術館展」にあわせて、〝フィール・フェルメール〟
(生活シーンの中でもフェルメールを感じようという)プロジェクトが立ちあがりました。
とらやも、「メシアガルフェルメール」をテーマとして、このプロジェクトに参加しています。

フェルメールが活躍した17世紀後半は、それまで素朴なものがほとんどだった菓子に
銘や意匠が取り入れられ、今日のような芸術性をまとった和菓子へと大成した時代です。

そこで、「もしフェルメールが日本を訪れ、とらやに羊羹を注文したら」という発想で、
特製羊羹『蒼ノ調ベ(あおのしらべ)』をおつくりしました。

フェルメールブルーを思わせる青い道明寺羹、
やわらかな光を感じさせる白い道明寺羹、
陰影をはらんだ黒い煉羊羹の三層が織りなす
色彩や味わいのハーモニーをお楽しみいただけます。




マウリッツハイス美術館のスタッフの方々も、どのような味なのか
楽しみにしてくださっているそうです。
オランダの方々は、和菓子をどのように感じるのでしょうか…


『蒼ノ調べ』は、東京都美術館のほか、
一部の直営店でも販売します。
五感でフェルメールを感じられるこの羊羹、
この夏のおすすめです。




----------------------------------------------------------------------------
特製羊羹 『蒼ノ調ベ』
   販売期間:2012年6月27日~9月中旬
   価格:1本1,953円(税込)
   重量:NET390g
   販売店:赤坂本店・東京ミッドタウン店・銀座店
                東京都美術館内ショップ(2012年6月30日~9月中旬)
----------------------------------------------------------------------------

※ とらや池袋西武売店でも、西武池袋本店にて開催される「フェルメール 光の王国展」にあわせて、
    7月1日(日)~7月16日(月)限定で特製羊羹『蒼の調べ』を販売します。

 

E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.