Tuesday, June 12, 2012

虎屋菓寮|『冷し白玉胡麻餡添え』

天保9年(1838)に江戸で刊行された「東都歳時記」の五月の項には、「此月より冷水・
心太・白玉餅売ありく」と書かれ、当時から白玉は夏の風物詩であったことが窺われます。

今日は、虎屋菓寮の初夏を告げるメニュー『冷し白玉胡麻餡添え』をご紹介します。

















もち米に水を加えながら石臼で挽き、出てきた液を脱水乾燥させた粉が白玉粉です。
昔は寒中につくられたことから、寒晒粉(かんざらしこ)とも呼ばれます。

虎屋菓寮では、冷たい水で糯米を丹念に晒しつくられた白玉粉を使い白玉を
おつくりしています。
『冷し白玉胡麻餡添え』は、つくりたての白玉の表面はつるっと、歯ごたえはもちっとした
食感と、北海道産選小豆からつくられた御膳餡にペースト状に擦った黒胡麻をあわせ、
なめらかに仕上げた胡麻餡の取り合わせが特徴です。


『冷し白玉胡麻餡添え』は、今月(6月)だけのメニューです。
虎屋菓寮へお越しの際には、ぜひお試しください。


----------------------------------------------------------------------------------------
『冷し白玉胡麻餡添え』
   販売店:虎屋菓寮 東京ミッドタウン店・銀座店・帝国ホテル店・
                横浜ランドマークプラザ店・横浜そごう・新宿伊勢丹・
                御殿場店・京都一条店・京都四条店
   販売期間:2012年6月1日~6月30日
                  ※京都一条店・京都四条店は8月31日まで販売いたします。
   価格:煎茶または抹茶付 1,071円(税込)  抹茶グラッセ付 1,134円(税込)
            *帝国ホテル店は内容・価格が異なります
----------------------------------------------------------------------------------------
  
ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.