Wednesday, May 30, 2012

風薫る季節

四季折々の自然の彩りを映した季節の羊羹。
5月下旬から6月下旬は、青葉の香りをいっぱいに含んだ風が、
稲を揺らす様を表現した『風の薫(かぜのかおり)』をおつくりしています。

      
季節の羊羹『風の薫』は、春に販売した『雲井の桜』[初出:正徳元年(1711)]や
次に販売する『夏の山路』[初出:大正7年(1918)]に比べ、平成11年(1999)の
初出と比較的あたらしい菓子です。

発売のきっかけは、「季節の羊羹」の製造に携わる社員が、夏場にあたらしい
色目(種類)があったらいいのではと自ら試作を始めたことに遡ります。
その後、考案者が緑・白・黒を波型に配して薫風に揺らぐ「稲・水・土」を表わした
意匠にあわせた菓銘が付けられ、平成11年に発売されました。


















青葉の香りをいっぱいに含んだ風が稲を揺らす初夏の情景を想いながら、
ぜひ季節の羊羹『風の薫』を召しがってみてはいかがでしょうか。


--------------------------------------------------------
『風の薫』
   価格:1本3,465円(税込)
   販売期間:5月下旬~6月下旬
    *販売期間は前後する場合があります。
   賞味期限:製造から65日
   販売店:全店・オンラインショップ
--------------------------------------------------------


E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.