Monday, April 16, 2012

『五月のぼり』と『菖蒲あわせ』

5月5日は「端午の節句」。

日本における「端午の節句」は、田植えの月にあたるため、神さまを迎える
祓えの日(はらえのひ)とされていました。
菖蒲(しょうぶ)を厄除けにつかい、粽を食べ、蓬の人形をつくるという
中国伝来のしきたりに加え、平安時代には朝廷で騎射(うまゆみ)の行事が
行われるようになりました。
中世以降には、「菖蒲(しょうぶ)」が「尚武(しょうぶ)」に通じるという縁起から
武士の間にも盛んになり、男子中心の勇ましい行事にかわっていったと
言われています。






『菖蒲あわせ(あやめあわせ)』は、5月5日に菖蒲(しょうぶ)の根の長さを競い
歌などを詠んだ、平安時代の遊戯「菖蒲あわせ」に因んだ菓銘をもつ、
中形サイズの季節の羊羹です。
本来、菖蒲(しょうぶ)と花のあやめは無関係ですが、どちらも「アヤメ」と
呼ばれていたため混同されることが多いようです。
『菖蒲あわせ』の意匠は、紫や白のあやめの花が咲き匂うさまを思わせます。






「武者人形」が飾られたり、「鯉のぼり」が立てられるようになったのは、
江戸時代中頃からと言われます。
鯉は、立身出世の象徴とされ、強く潔い魚として、武士階級に尊ばれていました。
『五月のぼり(さつきのぼり)』は、端午の節句の「幟(のぼり)」の別称のひとつである
「五月のぼり」を菓銘とした小形羊羹です。
「端午の節句」にあわせて、「鯉のぼり」「あやめ」「兜」のデザインでおつくりしました。




写真のように、『菖蒲あわせ』と『五月のぼり』の詰合せ
もご用意しています。
「端午の節句」のご贈答とともに、季節のお使いもの
としてもご利用ください。





-----------------------------------------------------------------------
『菖蒲あわせ』
   販売期間:4月21日(土)~5月上旬
   価格:1,953円(税込)
   賞味期限:製造から140日
『五月のぼり』
   販売期間:4月7日(土)~5月5日(土)
                   ※数に限りがあります。売り切れの場合はご容赦ください。
                         ※5/1時点で、売り切れの店舗が出始めています。
                            在庫状況は各店にご確認ください。
   価格:210円(税込)
   賞味期限:製造から1年
   販売店:全店オンラインショップ
-----------------------------------------------------------------------


ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.