Thursday, March 01, 2012

特別展「虎屋のお雛様」がはじまりました

2月25日(土)より、根津美術館にて特別展「虎屋のお雛様」がはじまりました。
今日はブログをご覧の皆さまに、特別に会場の様子をご紹介します。



これは、2月24日(金)に行なわれた特別内覧会での
展示室入口の様子です。
この日は、2時間ほどの限られた時間に800名近い
お客様にご来場いただきましたので、展示室の入口に
列ができていますが、2月25日(土)の公開日以降は
お並びいただくことなくご覧いただけます。






下の画像は、展示室に入りすぐの「お雛様の宴」と題されたコーナーです。
展示は、『あこや』が盛られた「松竹文三方」(高さ7.6cm)からはじまります。













この後、「雛人形」「雛道具」の順にコーナーとなり、一つ一つの人形や道具が
大切に展示されています。
各コーナーの展示品目は、「お雛様の宴」12件、「雛人形」25件、「雛道具」253件
にのぼります。


「雛道具」の中の「遊戯具」をご覧ください。














将棋の駒や碁石も精巧に作られており、盤にはこの2月に行なわれた名人戦
の対局を再現しています。
「将棋盤」には第70期将棋名人戦 A級順位戦 羽生二冠と谷川九段の対局を、
「碁盤」には第37期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦 結城9段と高尾9段の
対局の場面通りに駒(石)を配置しました。
小さな盤(碁盤の長辺:6.6cm)に、小さな駒や石を並べることは、きっと
気が遠くなる作業だったのではないでしょうか。


特別展「虎屋のお雛様」では、虎屋14代店主
黒川光景が明治30年(1879)に生まれた娘の
ために収集したと言われる、約300件の雛人形
や雛道具を展示しています。
京都の名店 丸平大木人形店の雛人形、
江戸池之端の七澤屋製をはじめとするの極小の
雛道具を、この機会にぜひご覧ください。


----------------------------------------------------------------------------------
特別展「虎屋のお雛様」
    場所:根津美術館
    会期:2012年2月25日(土)~4月8日(日) *月曜休館
    ※詳しくは根津美術館ホームページでご確認ください
----------------------------------------------------------------------------------

ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.