Monday, August 29, 2011

とらやの豆皿

皆さま、とらやの豆皿をご存知でしょうか?
とらやの豆皿は、虎屋菓寮でお汁粉などの箸休めをのせてお出しするために制作し、その後「とらやオリジナルグッズ」として5枚セットで販売しています。

一般には、豆皿(まめざら)は香の物などを盛る手塩皿(てしおざら)のうち、特に小さなものを指しているといわれ、大皿や銘々皿には見られない様々な形や緻密な絵付けなど趣向を凝らしたものが多く、それが豆皿の楽しみともいわれています。
今回は、とらやの豆皿の趣向をご紹介するとともに、目にする機会が少ない豆皿の「型」をご覧いただきます。


『豆皿 御菓子之畫圖写(おかしのえずうつし)』

元禄8年(1695)の絵図帳#1に描かれた菓子を写した豆皿です。
~栞より抜粋~
『花ぐるま』(左上)
花を積んだ車や花見に出かける車、あるいは車輪に桜や山吹などの花をあしらった紋所(もんどころ)を花車といいます。
『名月』(右上)
「花鳥風月」「雪月花」などの言葉があるように、日本人は、月をこの上なく美しいものとして愛でてきました。菓子「名月」は、曇りなく輝く満月の光を、三重の円で表現しています。
『あられ地』(中)
菓子を切ると、断面に白い霰(あられ)が散ったかのような模様が現われます。霰地(あられじ)は文様の名で、平安時代の貴族の装束にも使われていました。
『しののめ』(左下)
 「しののめ」とは「東雲」とも書き、東の空に明るさの兆しが感じられる頃を指します。夜の闇が朝に光で薄れる様を、たなびく雲とともに意匠化した菓子です。
『玉の井』(右下)
能「玉井」に登場する、龍宮から授けられる宝玉を見立てたのでしょうか。または山城国(京都府)の歌枕「井出の玉水」を「玉の井」ということにちなみ、玉のように美しい水滴の形とも思われます。


絵図帳に描かれた菓子は3~4色の色づかいですが、豆皿は絵図帳どおり絵付けするのではなく、凹凸と釉薬(ゆうやく)の濃淡で表情を作っています。これは、豆皿に盛られる食物や、盆に配される器との景色を考えてのことです。



豆皿をはじめとする虎屋菓寮の陶磁器は、愛知県瀬戸市にあるセラミックジャパン様で制作しています。
「型」には、セラミックジャパン様で作られる「原型」、型屋さんが「使用型」を作るための「ケース型」、そして鋳込み(いこみ)屋さんが鋳込み成型に使う「使用型」の3つがあります。


<原型>

原型は、図面をもとに石膏で作られます。
素地は焼成すると縮むため、原型は収縮率を考慮して大きく作られます。
凹凸の微妙な加減により、焼き上がった時の釉薬の表情が生まれます。






<ケース型>

豆皿を作るための型「使用型」を制作する型が「ケース型」です。
原型を型屋さんに運び、原型通りの見本型を作り、その見本型を使ってケース型を作ります。




<使用型>

泥漿(でいしょう:素地ともいわれる磁土に水と珪酸ソーダを混ぜたもの)を流し込み鋳込み成型に使う型です。
ケース型の表面にカリ石鹸を塗り石膏同士がくっつかないようにして作られます。
※画像をご覧いただくと、凹凸が逆であることがわかります。



この後、「使用型」を使い鋳込み成型された豆皿(素地が固まったもの)は、窯屋さんで素焼きされます。
そして鐶虎の印をつけ、釉薬をくぐらせ素早く水で余分な釉薬を流した後に、はじめて本焼成され完成です。


このように「型」を使い作られる豆皿。
とらやでは、次にご紹介するものも販売しています。



『豆皿 御菓子見本帳写(おかしみほんちょううつし)』

大正時代に描かれた菓子絵図帳から、おめでたい意匠を選び豆皿としたものです。
~栞より抜粋~
『花亀甲(はなきっこう)』(左上)
亀の甲羅を表わす六角形に菱の花形をおいた意匠は、伝統的な吉祥文様のひとつといえるでしょう。
『庵の梅(いおりのうめ)』(右上)
梅は花びらが5枚あることから、長寿、裕福などの「五福」に通じるとされます。
『千代の契(ちよのちぎり)』(中)
中睦まじさ象徴である鴛鴦(おしどり)の意匠。菓銘には「いつまでも夫婦の約束を交わす」という慶びの意が込められています。
『万菊(まんぎく)』(左下)
菊は長寿の象徴として尊ばれてきました。一面に白菊が咲き誇るさまを表わした菓子です。
『玉代の友(たまよのとも)』(右下)
宝のたまとされる宝珠をかたどった菓子です。「如意宝珠(にょいほうじゅ)」は、願いをかなえるといわれます。




#1:菓子の姿を彩り美しく描いた見本帳。ご注文の参考にお得意様に配られた、現在の商品カタログにあたるもの。

------------------------------------------------------------
『豆皿 御菓子之畫圖写(おかしのえずうつし)』
販売店:直営店全店
価格:3,675円

『豆皿 御菓子見本帳写(おかしみほんちょううつし)』
販売店:東京ミッドタウン店
価格:3,675円
------------------------------------------------------------



最後に、色とりどりの豆皿をご覧ください。
東京ミッドタウン店で2009年に開催した「せともの展」では、15種の釉薬と10種の形を組合せて700枚の豆皿を制作しました。

ご意見おまちしています。
E-MAIL:blog@toraya-group.co.jp|http://www.toraya-group.co.jp/
ページの先頭
Copyright © 2000. TORAYA CONFECTIONERY CO., LTD. All Rights Reserved.